脳梗塞の原因は血管の詰まり|血液の流れを綺麗にしよう

看護師

発症させないための知識

頭を押さえる婦人

脳梗塞の主な原因は動脈硬化です。ただ、動脈硬化は自覚症状がないため、検査を受けて確認する必要があります。医療機関では、動脈硬化の検査を実施しています。また、脳ドックを受けることでも確認できます。動脈硬化の治療は症状が重くなるにつれ、リスクを伴うことになりますから、早めに検査を受けるべきです。

この記事を読む

発症のメカニズムと対策

車いすの人

脳梗塞の原因は動脈硬化であり、動脈硬化の原因は生活習慣ですので、動脈硬化が進行するような生活習慣は改善すべきです。ただ、動脈硬化の進行は自覚できないので、医療機関が実施する脳ドックを受けて進行具合を確認する必要があります。特に動脈硬化が進行している可能性が高い高齢者と高血圧な人は受けるべきです。

この記事を読む

脳が壊死する病気とは

頭痛

口が歪んだりする症状

脳梗塞は脳卒中と呼ばれる病気の一つで脳の血管が詰まることで発症します。朝出勤してきた同僚の様子がおかしいので顔を見てみると口元が大きく歪んでいます。歩き方もヨロヨロとしていて意識も朦朧としています。それを見た他の同僚が脳梗塞だと気づいてすぐさま病院へ運びました。幸い命をとりとめましたが右半身麻痺という重い後遺症が残ってしまいました。発症してから治療するまでの時間が長かったので脳細胞の壊死が進んでしまったのです。脳梗塞の主な原因は、心原性脳塞栓症という心臓の病気です。これは心筋梗塞などが原因で血管に血栓ができそれが脳の血管に詰まってしまうことで発症します。ラクナ梗塞という高血圧が原因で起こる比較的小さな脳梗塞もあります。

治療は薬物療法が中心

アテローム血栓性脳梗塞は加齢や生活習慣病や喫煙などによって動脈硬化が起き、その部分で血管が詰まったりすることが原因で発症します。そこでできた血栓が流れていき先端の血管で詰まったりすることもあります。脳梗塞の治療は薬物療法が主になり、血栓を溶かす薬や脳のむくみを取る薬、抗血栓薬などが使われます。再発をした場合、後遺症がもっとひどくなったり認知症になったりすることもあります。再発を予防するには抗血小板薬を毎日服用することが必要になります。心原性脳梗塞の場合には、血液を固まりにくくさせるワルファリンが使われます。脳梗塞は、症状に気付いたらすぐに病院で治療を受けることが大切です。早い治療で後遺症を防ぐことができます。

発症を防ぐ策

診察

脳梗塞の発症率増加の原因は、欧米的な食事を好んで食べるようになったことだと考えられています。欧米的な食事は動脈硬化を進行させますので、脳梗塞を発症させやすくするのです。ただ、いくら食事に気をつけても動脈硬化の進行具合は自分で認識できませんから、医療機関で検査を受けて確認する必要があります。

この記事を読む

Copyright© 2016 脳梗塞の原因は血管の詰まり|血液の流れを綺麗にしよう All Rights Reserved.